飛行機キャンセル待ちの成功確率は?:JALとANAでの成功確率と必勝法

飛行機キャンセル待ちの成功確率は?:JALとANAでの成功確率と必勝法

『飛行機のキャンセル待ちで搭乗する方法って実際どうなの?』

そんな疑問を持つ方へ。

この記事では、飛行機のキャンセル待ちの成功確率を上げるコツ、航空会社ごとの待ち方の違い、マイレージ会員の優先順位の秘密まで、徹底的に解説します。

もう満席で断られる心配は無用!次の旅行はこのテクニックで、あなたも飛行機に乗り遅れない!

この記事のポイント
  • キャンセル待ちの成功確率:約70%以上とされていますが、航空会社や時期によって異なります。
  • マイレージ会員の利点:特にANAやJALなどの大手航空会社では、マイレージ会員のランクが高いほど、キャンセル待ちの優先順位が上がります

飛行機キャンセル待ちの成功確率は?:JALとANAの違い

飛行機のキャンセル待ちは、満席の便に空きが出た際に利用できるシステムです。でも、これって本当に搭乗できるのでしょうか?私も初めて申し込んだ時は、不安でいっぱいでした。

キャンセル待ちの仕組み

キャンセル待ちを利用するには、まず予約画面でキャンセル待ちを申し込みます。空席が出ればメールで通知が来ます。このシンプルなプロセスが、突然のチャンスをもたらしてくれるんです。

私は、予約サイトでのキャンセル待ちの選択画面を何度も確認しました。緊張しながら、空席通知のメールを待つ瞬間は、なんとも言えない高揚感があります。

一度、ギリギリでキャンセル待ちが成功し、急いで空港に向かった経験があります。その時のドキドキ感といったら!

空席が出たら迅速に対応することが大切です。私の場合は、メールアラートを設定しておくことで、すぐに気づけるようにしています。

キャンセル待ちの成功確率

一般的なキャンセル待ちの成功率は約72.4%とされています。

航空会社によっても異なり、

ANAでは約74.1%JALでは約67.7%

の成功率が報告されていますが、繁忙期では成功率が低下する傾向にあります。

繁忙期を避けると、キャンセル待ちの成功確率が上がることが多いです。

私もオフシーズンを狙って申し込み、何度か成功させました。

また、出発日が近づくにつれてキャンセルが増えることもあるため、最後まで諦めないことが大切です。

私の友人は、出発当日のキャンセルを狙って、何度も成功させています。タイミングがすべてですね。

JALとANA、それぞれのキャンセル待ちシステムには微妙な違いがあります。これを理解することで、あなたの搭乗確率がぐっと上がるかもしれませんよ

キャンセル待ちの際、準備や心構えが重要です。次回のフライトで役立つ情報をお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね

飛行機キャンセル待ち成功はマイレージ会員が有利?

「マイレージ会員になるとキャンセル待ちで優先されるって本当?」こんな疑問を抱いたことはありませんか?実は、会員ランクによって優先順位が変わるんです。

会員ランクによる優先順位

例えば、ANAやJALでは、マイレージ会員のランクが高いほどキャンセル待ちで優先されます。私の友人は上級会員で、彼女は比較的スムーズに搭乗できることが多いそうです。

上級会員になると、キャンセル待ちの際の優先度が高まります。これがマイレージ会員になる大きなメリットの一つです。

私も会員になってから、キャンセル待ちの成功率が格段に上がったことを実感しています。特に繁忙期には、この優先順位が大きな差を生むことがあります。

上級会員へのステップアップを目指すことも、賢い旅行戦略の一つですね。

非会員の場合の対応

非会員だと、空席が出た場合のチャンスは減りますが、まったくないわけではありません。私は非会員時代も何度か成功したことがあります。

非会員でも、オフシーズンや平日などの比較的空いている時期を狙えば、キャンセル待ちの成功率は上がります。

------------<広告>------------

ただし、非会員の場合はタイミングがより重要になります。空席が出た際に、すぐに対応できるように準備をしておくことが肝心です。

非会員時代の私は、常に予約サイトをチェックして、素早く動けるようにしていました。それでも、やはり会員の方が有利なのは間違いありません。

キャンセル待ちの手続き方法

キャンセル待ちの申し込み方法は、航空会社によって異なります。WEB予約が主流ですが、一部の航空会社では当日空港での手続きも可能です。

WEBでの予約方法

多くの航空会社では、WEB予約システムを通じてキャンセル待ちが可能です。私はいつもスマホで手続きをしています。

WEBでの予約は非常に便利で、場所を選ばずに申し込むことができます。私は仕事中でもさっと予約できるので、これが大好きです。

予約サイトによっては、キャンセル待ちの申し込みが特定の時間帯にしかできないこともあります。この点には注意が必要です。

私は以前、タイミングを間違えてキャンセル待ちに申し込めなかったことがあります。そのため、予約サイトのルールを事前にチェックすることをお勧めします。

当日空港での対応

当日空港でのキャンセル待ちは、既に航空券を持っている人に限られます。つまり、空席待ちをするためには、事前に該当便の航空券を購入しておく必要があります。

空港でキャンセル待ちをする場合、まずチェックインカウンターに行き、キャンセル待ちのリクエストをします。スタッフに便名と希望の座席クラスを伝えましょう。

その後は、指定された待機エリアにて、搭乗可否の最終確認を待ちます。空席が出れば、そこでチケットを発行してもらえます。

この方法では、出発の1〜2時間前には空港に到着しておく必要があります。競争が激しいので、運も必要ですが、早めに到着して準備をしておくことが重要です。

航空会社ごとのキャンセル待ちの特徴

各航空会社によって、キャンセル待ちのシステムやポリシーは異なります。いくつかの航空会社の特徴を比較してみましょう。

ANAとJALの特徴

ANAとJALはマイレージ会員への優先順位がはっきりしており、WEB予約が主流です。私の体験では、これらの会社は比較的予約がスムーズに進みます。

これらの会社では、マイレージ会員のランクが高いほど、キャンセル待ちの優先度が上がります。特に繁忙期には、この差が大きく影響します。

また、ANAとJALはキャンセル待ちの通知システムが非常に整っていて、スマートフォンで簡単に情報を受け取ることができます。

私はこれまで何度かANAとJALのキャンセル待ちを利用し、ほとんどの場合でスムーズに手続きができました。

スカイマークなど他の航空会社の場合

スカイマークのようにマイレージ会員制度がない航空会社もあります。これらの会社は、主に当日空港でのキャンセル待ちになります。

マイレージ会員制度がないため、キャンセル待ちは基本的には先着順です。このため、特に人気の便では競争が激しいです。

私は一度、スカイマークのキャンセル待ちを利用しましたが、空港での手続きが必要だったため、かなり早めに到着する必要がありました。

これらの航空会社では、特に繁忙期や人気の時間帯のフライトでは、余裕を持って空港に行くことをお勧めします。

まとめ

この記事では、飛行機のキャンセル待ちの成功の秘訣について深く掘り下げました。重要なポイントは以下の通りです:

1. **キャンセル待ちの基本**:キャンセル待ちは、満席の便に空きが出た際に利用するシステムです。成功確率は約70%以上とされていますが、航空会社や時期によって異なります。

2. **マイレージ会員の利点**:特にANAやJALなどの大手航空会社では、マイレージ会員のランクが高いほど、キャンセル待ちの優先順位が上がります。

3. **手続き方法の違い**:WEB予約が主流ですが、一部の航空会社では当日空港での手続きも可能です。ただし、当日空港でのキャンセル待ちは、既に航空券を持っている人に限られます。

4. **航空会社ごとの特徴**:各航空会社によってキャンセル待ちのシステムやポリシーが異なるため、事前に確認することが重要です。

5. **キャンセル待ち成功のコツ**:事前準備と柔軟性が成功の鍵です。特にマイレージ会員になることで、優先順位が上がり、成功率が高まります。

飛行機のキャンセル待ちは、正しい知識と戦略を持てば、あなたの次の旅行をよりスムーズで快適なものにすることができます。これらのテクニックを活用して、次の旅行でぜひ成功を掴んでください!