飛行機?新幹線?夜行バス?広島〜東京駅移動時間が早いのは、それぞれのメリットデメリットは?

飛行機?新幹線?夜行バス?広島〜東京駅移動時間が早いのは、それぞれのメリットデメリットは?

広島から東京駅への移動は、飛行機、新幹線、バスという3つの主要な手段があります。それぞれの方法には独自の特徴があり、所要時間、料金、そして旅のスタイルに応じたメリットとデメリットが存在します。

本記事では、これらの移動手段を徹底比較し、あなたが最も適した選択をするための情報を提供します。広島から東京駅までの旅を計画している方々にとって、この比較が有益なガイドとなることを願っています。

飛行機による移動:速さと効率の魅力

広島から東京(羽田空港)への飛行機は、その速さで多くのビジネスパーソンや時間を重視する旅行者から選ばれています。約1時間30分という短いフライト時間は、他の交通手段では実現できない大きな利点です。

しかし、これには空港までのアクセス時間や、チェックイン、セキュリティチェックに要する時間が含まれていません。これらの時間を含めても、依然として最も時間効率の良い移動手段であることは間違いありません。

所要時間:飛行機の速さに隠された余分な時間

実際のフライト時間だけでなく、空港への移動時間も考慮する必要があります。広島空港は市街地から少し離れているため、交通手段や時間帯によっては移動に時間がかかることがあります。また、空港到着後の手続きにも時間が必要です。チェックインやセキュリティチェック、搭乗ゲートまでの移動など、余裕を持ったスケジューリングが求められます。

特に国内線の場合、チェックインの締切時間はフライト時間の30分前ですが、混雑を避けるためには、少なくとも1時間前には空港に到着しておくことをおすすめします。これにより、予期せぬ遅延や混雑によるストレスを軽減できます。

また、セキュリティチェックの混雑具合は日によって異なるため、余裕を持った行動計画が重要です。特に繁忙期や週末、祝日は混雑が予想されるため、さらに早めの行動が求められます。

料金:早期予約でお得に、ピーク時は高額に

飛行機の料金は、予約のタイミングや利用する航空会社によって大きく異なります。早期予約やセール時にチケットを購入することで、非常にリーズナブルな価格で旅行することが可能です。しかし、逆に直前の予約や繁忙期には、料金が高騰する傾向があります。

私の経験では、早期予約を活用することで、新幹線やバスに比べてもかなりお得に移動できることが多いです。また、LCC(ローコストキャリア)を利用すれば、さらに経済的な旅が可能になります。

ただし、飛行機のチケットは需要と供給によって価格が変動するため、計画的な予約が重要です。特に休日や連休前後は、チケットが早期に売り切れることもありますので、早めの予約が推奨されます。

新幹線での移動:快適さとアクセスの良さ

新幹線は広島から東京への移動において、快適さと利便性を兼ね備えた選択肢です。所要時間は約4時間と飛行機よりは長いですが、その間快適な車内でリラックスしたり、作業をしたりできるのが大きな魅力です。また、東京駅と広島駅という主要都市の中心部を直接結ぶため、アクセスの良さは抜群です。

快適な車内と確実な所要時間

新幹線の車内は広々としており、リクライニングシートや電源コンセントが完備されているため、長旅でも疲れにくいです。また、車内販売や駅弁の購入も可能で、移動中も楽しい時間を過ごせます。私が新幹線を利用する際は、景色を楽しみながら読書をするのがお気に入りの過ごし方です。

所要時間の確実性も新幹線の大きな利点です。天候や交通渋滞の影響を受けにくく、時間通りに目的地に到着できる確率が高いのです。ビジネスでの移動や、時間を厳密に守る必要がある場合には、特に重宝します。

料金の安定性と予約のしやすさ

新幹線の料金は一定で、季節や時間帯による変動が少ないため、予算計画が立てやすいのも魅力の一つです。また、指定席や自由席の選択肢があり、旅のスタイルに合わせた柔軟な予約が可能です。

私の経験上、特に繁忙期では新幹線の指定席が早期に埋まることがありますが、自由席ならば比較的乗車しやすいというメリットもあります。ただし、繁忙期の自由席は混雑することがあるため、早めの乗車をおすすめします。

料金に関しては、早割やグループ割引などの割引サービスを利用することで、さらに経済的に移動できる場合もあります。出発日が決まっている場合は、これらの割引を上手く活用すると良いでしょう。

バスでの移動:コストパフォーマンスの高さ

広島から東京までの夜行バスは、コストパフォーマンスに優れた移動手段です。所要時間は他の手段に比べて長い約10時間かかりますが、その分、料金は飛行機や新幹線に比べて非常にリーズナブルです。また、最近では快適性を向上させた高級バスも登場しており、予算に応じた選択肢が増えています。

------------<広告>------------

料金の安さと夜を利用した移動

夜行バスの最大の魅力はその料金の安さです。特に学生や予算を抑えたい旅行者にとって、この点は大きなメリットとなります。夜間に移動することで、宿泊費も節約できるため、全体的な旅行コストを大幅に削減できます。

私も若い頃はよく夜行バスを利用していました。夜を利用して移動することで、昼間は観光やビジネスにしっかり時間を使えるのが良いところです。ただし、快適性には個人差があり、睡眠をしっかり取りたい方には少々不向きかもしれません。

快適さのバリエーションと時間の長さ

夜行バスの快適さは、運行しているバス会社や車種によって大きく異なります。最近では、足を伸ばせるスペースが広いバスや、個別のテレビが付いているバスなど、快適性を重視した車両が増えています。

ただし、所要時間が長いため、移動中の疲れや体の凝りを感じることもあります。私の経験では、長時間の移動は体に負担がかかりますので、体調を整えておくことが大切です。また、混雑する日程を避けることで、より快適な旅が可能になります。

予算を優先する場合や、時間に余裕がある場合には、夜行バスが非常に良い選択肢となるでしょう。ただし、快適性や所要時間に関しては、事前に情報をしっかり確認することをおすすめします。

搭乗手続きと空港へのアクセス:飛行機の隠れた時間

飛行機を利用する際には、空港へのアクセス時間や搭乗手続きに要する時間が重要なポイントです。特に広島空港は市街地から離れているため、アクセスには注意が必要です。また、搭乗手続きには、チェックインやセキュリティチェック、搭乗ゲートまでの移動時間が含まれます。

空港へのアクセス方法と所要時間

広島から広島空港までは、バスやタクシー、自家用車を利用する方法があります。バスは最も一般的で経済的な手段ですが、時間帯によっては混雑や遅延が発生することがあります。私の経験では、特に早朝や夕方の便は予約が必要なことが多いです。

空港までの移動時間は、交通手段や交通状況によって大きく異なります。広島市内から空港までの所要時間は約45分~1時間程度ですが、余裕を持ったスケジュールで出発することをおすすめします。

チェックインとセキュリティチェックの実際の時間

チェックインやセキュリティチェックにかかる時間も見逃せません。特に繁忙期や早朝、夕方の便では、セキュリティチェックの列が長くなることがあります。チェックインは、オンラインで済ませることができますが、荷物を預ける場合はカウンターでの手続きが必要です。

私が飛行機を利用する際は、常にセキュリティチェックの混雑を避けるために、少なくともフライトの1時間前には空港に到着するようにしています。これにより、急なトラブルや混雑に対応できる余裕が生まれます。

また、空港内での移動も考慮する必要があります。広島空港は比較的コンパクトな空港ですが、それでも搭乗ゲートまでの移動には時間がかかることがあります。特に初めての空港では、事前に空港のレイアウトを確認しておくと良いでしょう。

飛行機vsバスvs新幹線 広島市内〜東京駅所要時間比較

移動手段 所要時間 料金 メリット デメリット
飛行機

約1時間30分(約3時間30分)
(+空港へのアクセス時間、搭乗手続き+羽田〜東京駅=2時間)

変動あり
(時期や予約状況による)
速い、時間効率が良い 空港までのアクセス、搭乗手続きに時間がかかる
新幹線 約4時間 一定
(割引プランによる変動あり)
快適な車内、中心地同士を直結 特になし
バス 約10時間 最も安価 コストパフォーマンスが良い、夜行で時間を節約

長時間で疲れる、慣れていないと夜寝られない

快適性にバリエーション

広島のどこから出発するかも重要なポイントですが、一律広島駅スタート

飛行機は、空港までの時間、空港から東京駅までの時間を考慮すると約3時間30分と試算

地方の場合、その立地によって空港までの時間が意外とかかります。 私が住んでいる京都でも伊丹空港まで約90分かかります。どうしても早く着きたい場合、住んでいる場所がどこかで最適な移動手段を選択することになります。

総所要時間の長短より、乗っている時間の方が圧倒的に疲れます。

個人的には、飛行機>新幹線>バスですね

ただし、最近、個室型の夜行バスも出てきているようなのでそちらが気になっています。

移動疲れ、時間、コストと目的に応じて最適な手段を選びたいですね