飛行機のコンセントはどうなってる?!ANA、JAL、ジェットスターを紹介

飛行機のコンセント利用徹底ガイド!ANA、JAL、国際線、持ち込みルールからジェットスターまで

飛行機での長い旅は、快適なものにするためには様々な準備が必要です。特に重要なのが、私たちのデジタルデバイスを充電するためのコンセントの利用です。しかし、航空会社や機種によってコンセントの設備や利用規則は大きく異なります。この記事では、ANA、JAL、ジェットスターといった主要な航空会社のコンセント事情、国際線での特別な配慮、さらには飛行機へのコンセント持ち込みルールまで、詳しく解説していきます。これからの空の旅がより快適で安心なものになるよう、この記事が役立つことを願っています。

ANA便でのコンセント利用法

ANA便を利用する際のコンセント事情について、知っておきたいポイントをご紹介します。

座席ごとのコンセントの有無

ANAの飛行機内では、ビジネスクラスやファーストクラスではほぼ全席にコンセントが装備されています。しかし、エコノミークラスでは選ばれた席にしかないため、事前に座席選択が重要です。

私は先日のANA国内線で、思いのほかコンセントが使えず、スマートフォンの充電に困ったことがあります。これからの旅行では、コンセントの有無を事前にチェックするようにしています。

また、座席図を事前に確認することで、旅の計画がよりスムーズになります。ANAのウェブサイトでは、機種ごとの座席図とコンセントの配置を確認できるので便利です。

利用可能なデバイスと電圧

ANA便のコンセントでは、一般的なスマートフォンやタブレット、ラップトップの充電が可能です。ただし、高出力を要するデバイスは使用できないこともあります。

電圧は通常100V〜240Vで、日本国内の電化製品はもちろん、海外製のデバイスも問題なく使用できます。私は海外旅行用に購入したラップトップをANA便で快適に使用した経験があります。

ただし、コンセントの形状が異なる場合は、変換アダプターを用意する必要があるため、出発前の準備が大切です。

JAL便でのコンセントの使い方

JAL便におけるコンセントの利用方法と注意点を解説します。

JAL便の座席ごとのコンセントの配置

JALの飛行機では、特にビジネスクラスとファーストクラスの座席にはほぼ例外なくコンセントが備わっています。エコノミークラスでは、選ばれた席や機材によって異なります。

私が最後にJALを利用した際、座席選択時にコンセントの有無を確認し、スムーズにデバイスを充電できた経験があります。この小さな事前準備が、旅の快適さに大きく寄与します。

また、JALのウェブサイトやアプリを利用して、座席ごとの設備を確認することができます。これは特に長時間のフライトには不可欠な情報です。

JAL便で利用可能なデバイス

JALのコンセントでは、スマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどの一般的な電子機器の充電が可能です。ただし、ドライヤーや電気カミソリなどの高出力機器は使用できない場合が多いです。

先日、国際線でタブレットを充電しようとした際、機内で提供されているコンセントが非常に役立ちました。長いフライト中でもエンターテインメントを楽しむことができました。

電圧については、100V~240Vに対応しているため、多くの国のデバイスが利用可能ですが、プラグの形状が異なる場合は変換アダプターが必要になることも覚えておきましょう。

JAL国際線のコンセント事情

JAL国際線のコンセント利用の特徴と使い方を詳しくご紹介します。

国際線特有のコンセントの仕様

国際線では、機材や路線によってコンセントの種類や配置が異なります。多くはユニバーサルタイプのコンセントが装備されており、さまざまなプラグ形状に対応しています。

私が以前利用したJAL国際線では、座席ごとにユニバーサルコンセントが備え付けられていて、海外のプラグもそのまま使える便利さがありました。これにより、旅行中のストレスが大幅に減少します。

------------<広告>------------

ただし、古い機材を使用している路線では、コンセントがない場合もありますので、予約時に確認することをお勧めします。

国際線の電源利用時の注意点

電圧は、一般的に100Vから240Vに対応していますが、機種によっては出力が限られている場合があります。そのため、大容量のバッテリーを充電する際には時間がかかることがあります。

以前、JAL国際線でノートパソコンの充電を試みたとき、充電速度が遅く感じられました。しかし、映画を見ながらゆっくりと充電することで問題ありませんでした。

また、安全のために飛行機離陸時と着陸時には電子機器の使用を控えるよう案内があります。この点も事前に理解しておくことが重要です。

ジェットスターのコンセント事情

低コスト航空会社ジェットスターでのコンセント利用法をご案内します。

ジェットスター便のコンセントの有無と種類(エコノミークラス)

ジェットスターでは、航空機によってコンセントの提供状況が異なります。

一部の機材ではUSBポートのみ提供されていることもあり、普通のコンセントがない場合もあります。

国内線

  • Airbus A320: USBポートがありません。コンセントもありません。
  • Airbus A320neo: USBポートはありますが、コンセントはありません。

国際線(日本発着路線)

  • Boeing 787: USBポートとコンセントがあります(成田〜ケアンズ、ブリスベン、関空〜ケアンズ路線)。
  • Airbus A320、A321: USBポートもコンセントもありません(アジア路線)。

電圧

一般的な国際線の電圧は100Vから240Vに対応していますが、機種や航空会社によって出力が限られている場合があります。大容量のバッテリーを充電する際には時間がかかることがあるため、事前に確認が必要です

 

以前、ジェットスターを利用した際には、USBポートのみでコンセントが見当たらなかった経験があります。そのため、スマートフォンの充電には便利でしたが、ラップトップの充電には不便を感じました。

また、コンセントの有無に関する情報は、予約時やジェットスターのウェブサイトで確認することができます。

ジェットスターでの電源利用のコツ

コンセントがない場合は、ポータブルバッテリーやモバイルコンセントの持ち込みが有効です。ただし、事前にバッテリーの持ち込み規制を確認することが重要です。

私はジェットスターを利用する際、常に充電済みのモバイルバッテリーを持参します。これにより、どのような状況でもデバイスを充電できる安心感があります。

また、フライト中はデバイスのバッテリーを節約するために、不要なアプリは閉じ、低電力モードを活用するなどの工夫が効果的です。

飛行機内でのコンセント持ち込みルール

飛行機にコンセントを持ち込む際のルールと注意事項を解説します。

持ち込み可能なコンセントの種類

多くの航空会社では、ポータブルバッテリーやモバイルコンセントの持ち込みが認められています。

ただし、バッテリー容量には制限があり、通常100Wh未満のものが許可されています。

私が以前旅行した際、100Wh未満のモバイルバッテリーを持ち込んだところ、セキュリティチェックで問題なく通過できました。しかし、容量が大きいバッテリーは事前に航空会社に申告が必要です。

また、液体リチウム電池など特定のタイプは制限が厳しいため、事前に確認することをお勧めします。

安全な持ち込みのための注意事項

バッテリーの持ち込みでは、ショート防止のための対策が必要です。

例えば、端子をテープで覆うなどして、誤って他の金属と接触することを防ぎます。

私はいつも、モバイルバッテリーの端子をテープで保護し、個別に袋に入れて持ち込むようにしています。

これにより、安全かつスムーズに旅行を楽しむことができます。

さらに、航空会社や国によっては、持ち込みに関する規制が異なることがあるので、出発前に詳細を確認することが大切です。

以上、ANA、JAL、ジェットスターなどの航空会社別のコンセント事情や、持ち込みルールについてご紹介しました。これらの情報が、皆さんの快適な空の旅に役立つことを願っています。