発熱時の飛行機搭乗ガイド:熱がでたときの対処法と航空会社のルール

発熱時の飛行機搭乗ガイド:体温が高いときの対処法と航空会社のルール」

「飛行機に乗る前に熱が出たらどうしよう?」この疑問は、特に旅行や出張を控えた多くの人にとって重要な懸念です。

熱があっても飛行機に乗れないわけではありません

それには、航空会社の健康に関するポリシー、体温の高さ、その他の症状、そして現在の世界的な健康状況などが含まれます。

この記事では、発熱時の飛行機搭乗の可否、航空会社の規定、および健康管理の重要性について解説し、安心して旅行を楽しむための情報を提供します

飛行機には夏があっても乗れる?

飛行機に乗る前に熱が出てしまったらどうすればいいのでしょうか?ここでは、熱がある時に飛行機に乗る際の注意点と、対処法について詳しく説明します。不安を解消し、快適な旅行を目指しましょう。

熱がある時の航空会社のポリシー

私の経験では、航空会社によって熱がある時の対応は大きく異なります。

一度、微熱がある状態で搭乗しようとしたとき、航空会社によっては体温計で検温をされ、体温が一定値以上だと搭乗を断られることもあるので、事前に航空会社の規定を確認することが重要です。

航空会社によって、熱がある時の対応は大きく異なります。

例えば、ANAでは航空機搭乗により他のお客様に伝染するおそれがある重大な急性感染症の方は原則として搭乗できません。

➡︎ ANA 公式HP Q&A

JALでも同様に、感染症の出席停止期間中に該当する方は航空機への搭乗には適しておらず、他の方に伝染するおそれがある急性感染症の方は、原則として搭乗できません。

ピーチ航空では、発熱により搭乗が不可能になった場合、チケットガードという保険に加入している場合、病院を受診し診断書と領収書を用意することで返金請求が可能です。

ただし、返金請求の手続きは比較的複雑で、一連の手続きを完了させるまでにはかなりの時間が必要です。

特にインフルエンザの流行期には、他の乗客への感染リスクを考慮して、より厳格な基準が適用されることがあります。

私の場合は、幸いにも軽い風邪で、診断書を提出することで搭乗が許可されました。しかし、体調不良時には安全を最優先に考え、航空会社の判断を尊重しましょう。

熱を下げるための具体的な方法

もしも出発前に熱が出てしまった場合、解熱剤を使って熱を下げる方法があります。私が実際に使った解熱剤は、医師の処方に基づいたもので、飛行機に乗る前に熱を下げることができました。

加えて、十分な休息をとることも重要です。前日に十分な睡眠をとることで、自然と体温が下がることがあります。また、水分補給を忘れずに行うことも、体温調節に役立ちます。これらの方法は、熱以外の軽い体調不良にも有効です。

ただし、これらの方法はあくまで一時的な対処であり、無理をせずに医師の診断を受けることが最も重要です。特に飛行機に乗る前は、体調を最優先に考えましょう。

------------<広告>------------

飛行機搭乗前の健康管理、重要なポイント

飛行機に乗る前には、健康管理がとても重要になります。ここでは、旅行前に行うべき健康管理のポイントと、万が一の時のための準備について解説します。

旅行前の健康チェックリスト

私は旅行前には必ず、体調をチェックするようにしています。風邪の兆候や体調不良を見逃さないように、体温測定、のどの痛み、咳などの症状の有無をチェックします。また、旅行の準備が忙しくても、十分な睡眠と栄養バランスの良い食事を心がけることが大切です。

長旅の前には特に、普段と異なるストレスや疲労が溜まりやすいので、体調管理には細心の注意を払う必要があります。私の場合、旅行前にはリラックスできる趣味の時間を作るなどして、心身ともにリフレッシュするようにしています。

旅行保険の選び方と重要性

旅行中に体調を崩したり、怪我をしたりするリスクは常にあります。そんな時のために、旅行保険への加入をおすすめします。特に海外旅行の場合、医療費が高額になることもあるため、保険選びは慎重に行うべきです。

私が旅行保険を選ぶ際に重視するのは、補償内容の広さと手厚さです。例えば、医療費の全額補償や救急搬送費用、緊急帰国時のサポートなど、万が一の事態に備えておくべきポイントがいくつかあります。また、旅行先の国や地域に応じて、必要な補償内容を検討することも大切です。

飛行機乗車中の体調管理と快適な旅行のコツ

長時間の飛行機乗車は、体に負担がかかることもあります。飛行中の体調管理と、快適な旅行を実現するためのコツをご紹介します。

機内での体調管理方法

飛行機の機内は乾燥しやすく、体調を崩しやすい環境です。私は機内では、水分をこまめに取り、乾燥を防ぐよう心掛けています。また、長時間同じ姿勢でいると血流が悪くなるため、定期的にストレッチを行うか、少し歩き回ることをおすすめします。

機内での快適さを保つためには、リラックスできる服装を選ぶことも大切です。締め付けの少ない服装や、温度調節がしやすいレイヤードスタイルが適しています。また、長時間のフライトでは、特に足のむくみを防ぐために圧縮ソックスを使用すると良いでしょう。

快適な旅行のための準備とは?

飛行機での長旅には、快適な服装や持ち物が大切です。私は機内で快適に過ごすために、ネックピロー、アイマスク、耳栓などを持参します。これらは、特に長距離のフライトでのリラックスに役立ちます。また、音楽を聴いたり、読書を楽しんだりするために、ヘッドフォンや電子書籍リーダーも便利です。

機内での食事は、時に体に合わないこともあります。私は、胃腸に優しいスナックや健康的な食品を少し持ち込むことをお勧めします。これにより、食事の選択肢が広がり、体調を整えやすくなります。

まとめ

飛行機に乗る前の熱や体調管理は、安心して旅行を楽しむために重要です。事前の準備と、機内での体調管理がキーとなります。この記事を参考に、快適な旅行を実現しましょう。

熱や体調不良がある場合は、航空会社の規定を確認し、必要に応じて医師の診断を受けることが重要です。また、機内での水分補給やストレッチ、快適な服装や持ち物の選択など、体調管理には細心の注意を払いましょう。

旅行は楽しい経験ですが、そのためには体調を万全にすることが不可欠です。健康管理を徹底し、安全で快適な旅行をお楽しみください。