ペットと一緒に客室へ!客室へのペット同伴が可能な航空会社を徹底調査

ペットと一緒に客室へ!客室へのペット同伴が可能な航空会社を徹底調査

2024年1月2日、日本航空の旅客機が海上保安庁の航空機と羽田空港の滑走路上で衝突し、機体が炎上するという悲劇が発生しました。

この事故では、幸いにも乗客・乗員379人全員が無事でしたが、飼い主にとってかけがえのないペット2匹が犠牲となりました。

この出来事は、ペットの旅行安全に対する新たな関心と意識を喚起するものです​​​​。

この記事では、機内に乗せることができる航空会社を調査しました。国内の航空会社ではスターフライヤーのみがペットを客室時へ連れて行けるサービスを提供していました。

ペットを家族の一員として大切に思う私たちにとって、嬉しいサービスですね。

ペットと一緒に搭乗可能な航空会社の選び方

航空会社によってペット同伴のポリシーは異なります。ここでは、ペットと一緒に飛行機に乗る際のポイントと、選び方のコツを紹介します。

ポリシーの確認

各航空会社のペット同伴に関するポリシーを確認しましょう。サイズや種類、搭乗クラスによる制限がある場合が多いので注意が必要です。

私の経験では、小型犬や猫などのペットが客室に同伴できる航空会社もありますが、大型犬の場合は貨物室扱いになることもあります。

また、ペットの種類によっては航空会社から拒否されることもありますので、事前にしっかりと調べておくことが重要です。

料金と手続き

ペット同伴には追加料金がかかることが一般的です。また、事前に手続きが必要な場合がほとんどなので、早めの準備が大切です。

ペットの体重やサイズによって料金が変わることがあります。特に国際線では、料金が高くなる傾向にあります。

私は以前、愛犬を連れて旅行した際、予約の数ヶ月前から準備を始め、無事に同伴することができました。十分な準備は非常に大切です。

客室にペットを同伴できる主要航空会社

ペットを客室に同伴できる航空会社は国内外に多数あります。ここでは、その中から代表的な航空会社とそれぞれの条件を紹介します。

日本国内の航空会社

ANAやJALは事前予約でペットを預けることが可能ですが手荷物扱いとなり貨物室で過ごすことになります

関連記事)飛行機内に犬は連れて行ける??ペットは貨物使い?飛行機内への持ち込み完全ガイド

スターフライヤーは「FLY WITH PET!」サービスを提供しており、小型犬と猫を機内に持ち込むことが可能です​。

一方で、ーチやジェットスターなどのLCC(格安航空会社)では、ペットの機内への持ち込みは不可とされています​。(手荷物も不可)

海外の代表的な航空会社

ユナイテッド航空(アメリカ)やエア・カナダ(カナダ)では犬や猫などを機内に持ち込むことができます。ルフトハンザドイツ航空(ドイツ)、エーゲ航空(ギリシャ)なども同様のサービスを提供しており、ペットの重量やケージのサイズに制限があります。

サクラサクラ

結構あるんだね

------------<広告>------------
航空会社 国名 持ち込み可能なペット 条件
ユナイテッド航空 アメリカ 犬、猫(他要確認) ケージサイズなど制限あり
エア・カナダ カナダ 犬、猫 重量10kg以内
ルフトハンザドイツ航空 ドイツ 犬、猫 重量8kg以内
スカンジナビア航空 スウェーデン/デンマーク/ノルウェー 犬、猫 重量8kg以内
スイス インターナショナル エアラインズ スイス 犬、猫 重量8kg以内
オーストリア航空 オーストラリア 犬、猫 重量8kg以内
TAP ポルトガル航空 ポルトガル 犬、猫 重量8kg以内
ブリュッセル航空 ベルギー 犬、猫 重量8kg以内
LOTポーランド航空 ポーランド 犬、猫、フェレット 重量8kg以内
アドリア航空 スロベニア 犬、猫のみ ケージとペットの重量が8kg以内​
クロアチア航空 クロアチア 犬、猫のみ ケージとペットの重量が8kg以内
エーゲ航空 ギリシャ 犬、猫、フェレット ケージとペットの重量が8kg以内​
トルコ航空 トルコ 犬、猫のみ ケージとペットの重量が8kg以内
エジプト航空 エジプト 犬、猫、小鳥 ケージとペットの重量が5kg以内​
アシアナ航空 韓国 犬、猫、小鳥 ケージとペットの重量が5kg以内
エア・インディア インド 犬、猫、小鳥 ケージとペットの重量が5kg以内
コパ航空 パナマ 犬、猫、ウサギ ケージとペットの重量が9kg以内
アビアンカ-タカ航空 エルサルバドル 犬、猫(小鳥はコロンビア国内線のみ) ケージとペットの重量が8kg以内

ペット同伴時の機内での注意点

ペットと一緒に搭乗する際には、機内での安全と快適さのために以下の点に注意しましょう。安全対策飛行中の安全のために、ペットキャリアはしっかりと固定する必要があります。

また、ペットの健康状態を事前にチェックし、必要な場合は獣医の診断書を準備しましょう。

私の経験では、機内の揺れや騒音にペットが反応しないよう、キャリアに安定感を持たせることが重要でした。また、特に長時間のフライトでは、ペットのストレスを軽減するためにお気に入りのおもちゃや毛布を用意すると良いでしょう。

快適性の確保

ペットが機内で快適に過ごせるよう、水分補給や適切な温度管理に気を配りましょう。ストレス軽減のためにお気に入りのおもちゃを持参するのも良いでしょう。

長時間のフライトでは特に、ペットに定期的に水を与えることが重要です。

また、キャリアの中でペットが動けるスペースを確保することも、快適性を高めるポイントです。

ペットが不安を感じないよう、できるだけ普段通りの環境を作ることが大切です。

 

HinataHinata

私は、普段使っている毛布やおもちゃを持参することで、ペットを安心させました。

ペットとの航空旅行のための準備

快適な航空旅行のためには、ペットとの事前準備が重要です。

ここではそのポイントを紹介します。

健康チェックとワクチン

事前に獣医での健康チェックと必要なワクチン接種を済ませておきましょう。特に国際線の場合、各国の入国規則に注意が必要です。私の場合、愛犬の健康状態をしっかり確認し、必要なワクチンを接種することで、安心して旅行することができました。また、ペットの健康証明書やワクチン接種記録は、多くの国で入国の際に必要とされるので、それらの準備も忘れずに行いましょう。

キャリアの選定

ペットを安全に運ぶためのキャリア選びは非常に重要です。航空会社の規定に合うサイズと素材のキャリアを選びましょう。キャリアはペットが快適に過ごせる大きさで、かつ航空会社の規定に合致するものを選ぶ必要があります。

適切なキャリアを選ぶことで、ペットの安全と快適性を確保できます。私は、愛犬のサイズに合った通気性の良いキャリアを選び、長時間のフライトでも快適に過ごせるよう配慮しました。

まとめ

この記事では、ペットと一緒に空の旅を楽しむために、客室にペットを同伴できる国内外の航空会社とその条件、機内での注意点、旅行のための準備について詳しく紹介しました。

ペットとの旅行は十分な準備と注意が必要ですが、これらのポイントを抑えることで、ペットと共に快適な空の旅を楽しむことができます。愛するペットとの旅行は、特別な思い出になること間違いありません。旅行前の準備をしっかり行い、安心して旅を楽しんでください。