なぜ片付けはこんなに疲れる?疲れの原因と解消法を解説!

なぜ片付けはこんなに疲れる?疲れの原因と解消法を解説!

片付けは日常生活の中で避けて通れない作業ですが、「片付け疲れ」に悩む人は少なくありません。

この記事では、なぜ片付けが疲れるのか?心理的なストレス要因が大きいと思います
ただでさえ肉体労働、そして思ったように進まない。。。。

疲ればかりが溜まっていました。

解決法は………もう少しづつやるしかない!!です。

今週はここ、来週はここって小さいエリアをやることで片付けに対する自信と達成感が得られます。

片付けに苦手意識を持っている方や、もっと効率よく片付けたいと思っている方に、役立つ情報をお届けします。

サクラサクラ

片付けって、なんであんなに疲れるんだろう?計画を立てても、いざ始めるとすぐに疲れちゃうんだよね。

たかしたかし

確かに、片付けは思った以上にエネルギーを使うよね。計画段階での優先順位の決定や、物理的な作業が主な疲れの原因だと思うよ。

サクラサクラ

うん、それに物を捨てるのも心理的に大変。でも、段階的に片付けると、少しは楽になるかな?

たかしたかし

そうだね、少しずつ進めば、疲れも溜まりにくいし、モチベーションも保ちやすいよ。

片付けは簡単なようで意外とエネルギーを消耗します。

では、なぜ片付けると疲れるのでしょうか?この記事でその理由を探ります。

この記事はこんな人におすすめ片付け作業で疲れやすいと感じる人
  • 効率的な片付け方法を学びたい人
  • 片付けの計画を立てる際に悩んでいる人
  • 自分の片付け作業の進め方に自信がない人
  • 環境の整理整頓でストレスを感じている人

なぜ片付けはこんなに疲れるのか?

片付け作業が疲れる原因は多岐にわたります。

心理的な負担や物理的な労力だけでなく、片付けるべき物の量や種類、個人の性格や生活環境など、様々な要因が絡み合っています。

心理的なストレス

片付けを始めると、どこから手をつけていいか分からない、終わりが見えないといった心理的なストレスが生じます。

また、捨てるべきか迷う物が多いと、決断疲れを引き起こすこともあります。

私自身も、片付けを始めると「これは本当に必要か?」と考えることが多いです。
決断に時間がかかり、そのまま片づけられないまま1日が終了し、

片付けられなかったという

後悔と言いようのない疲れに襲われます。

サクラサクラ

あ〜もうほんとこれ!!どこから手をつけていいかわからないんだよ

さらに、思い出が詰まった物を手放す際には、感情的な疲れも伴います。

長年使っていた物や、大切な人からもらった贈り物など、感情的な価値がある物は特に決断が難しいですね。

このようなストレスを感じるときは、一度深呼吸をして、自分にとって本当に大切な物を見極める時間を設けることが大切です。

無理に全てを一度に決めようとせず、時間をかけてじっくり考えることも時には必要です。

物理的な負担

重い物を動かしたり、屈んだりすることが多いため、体力を消耗しやすいのも片付け作業の特徴です。

特に長時間にわたって片付けを行うと、疲れが蓄積しやすくなります。

私の家は狭いのでものを右から左に移動させるだけで疲れます。
下手したらそれで終わってしまうこともあります。

無理な姿勢での作業は体に悪影響を及ぼすため、適度な休憩を取りながら作業を行うことが重要です。

また、重い物は転がせるものは転がす、滑らせることができるものは滑らせるなど、工夫を凝らして体への負担を軽減することが大切です。

体力に自信がない場合は、家族や友人に手伝ってもらうのも一つの方法です。一人で全てをこなそうとせず、適切なサポートを求めることで、体への負担を減らすことができます。

なぜ片付けは疲れる??:主な原因

片付け疲れを感じる主な原因を詳しく見ていきましょう。個人の性格や生活習慣、物の量などが、疲れを感じる度合いに影響を与えます。

------------<広告>------------

性格や完璧主義

細部にこだわりすぎる性格や完璧を求める傾向があると、片付けにかかる時間が長くなり、結果的に疲れを感じやすくなります。

私も細かいところに目が行きがちで、「この場所はもっとこうした方がいいかも」と思うと、つい長時間かけてしまいます。

しかし、この完璧主義がかえってストレスの原因になりえます。

完璧を目指すあまり、終わりが見えなくなり、疲れが蓄積してしまうのです。

完璧を求めるのではなく、

「良いところに目を向ける」「完璧ではなくてもOK」

という心構えを持つことが重要です。60点ぐらいでOKなんですよ。

自分自身を責めすぎず、できたことに目を向けることで、ストレスを減らすことができます。

生活習慣の影響

普段から物を整理整頓する習慣がない場合、片付けが大掛かりになりがちで、それが疲れの原因になることがあります。

日々のちょっとしたことから整理を始めることが、片付けの負担を軽減します。

例えば、使ったものはすぐに元の場所に戻す、不要な物はすぐに処分するなど、小さな習慣を身につけることが大切です。

これにより、いざ大掃除という時に、圧倒的な量の物に対峙することがなくなります。

「少しずつでもいいから毎日続ける」という考え方が、片付け疲れを防ぐカギになります。

毎日の小さな積み重ねが、大きな負担を減らすことに繋がるのです。

HinataHinata

これができれば苦労しないね

片付け疲れの対策方法

効果的な対策を行うことで、片付け疲れを大幅に軽減することができます。

以下の方法を試してみましょう。

片付けは段階的に進める:もうこれしかない!!

一気に片付けをしようとせず、部屋やスペースを区切って少しずつ進めることで、心理的な負担を減らすことができます。

私はいつも部屋を「ゾーン」に分けて、一つずつ手をつけています。

これにより、作業が管理しやすくなり、一気に疲れることが少なくなります。

例えば、最初にクローゼットを整理し、次に書棚、その後にデスク周りという具合に進めていきます。

この方法だと、一つひとつのゾーンが整理されるごとに達成感を感じられ、モチベーションの維持にもつながります。

また、一日に何時間も連続して片付けをするのではなく、30分や1時間といった短い時間で区切りをつけることも有効です。

短時間でもコンスタントに作業を進めることで、疲れにくくなります。

リストアップと優先順位づけ

片付けるべき物をリストアップし、優先順位をつけることで、効率的に作業を進めることができます。

私はいつも、何をどの順番で片付けるかを事前に決めておきます。

これにより、何から手をつければいいのか迷うことがなく、スムーズに作業を進めることができます。

また、優先順位をつけることで、もし時間がなくなっても、重要な部分から先に片付けることができます。

リスト作成は、片付けのプロセスを明確にし、目標達成の道筋を作るのに役立ちます。

リストを見ながら進めることで、作業が計画的になり、無駄な動きを減らすことができます。

片付けを楽にする心構え

片付けを少しでも楽にするための心構えや考え方を紹介します。

心理的なアプローチが疲れを軽減するカギになります。

完璧を求めない

完璧を目指すのではなく、「使いやすい」「見た目がすっきり」を目標にすることで、心理的なプレッシャーを減らすことができます。

私は以前、完璧を求めすぎて片付けに時間がかかりすぎていましたが、今は「完璧ではなくても良い」という考え方に切り替えています。

これにより、ストレスが減少し、作業もスムーズに進むようになりました。

完璧を求めることは時にストレスの原因となり得るため、ある程度の妥協点を見つけることが大切です。

「完璧ではなくても、生活しやすい状態を目指す」という心構えは、片付けに対するプレッシャーを減らし、作業をより快適にするための鍵です。

断捨離の心得

不要な物を思い切って処分する「断捨離」を実践することで、物の量が減り、片付けが楽になります。

断捨離をする際には、「1年以上使っていないものは手放す」というルールを設けると良いでしょう。

また、断捨離は心理的にもすっきりとする効果があります。

不要な物を減らすことで、部屋が広く感じられるようになり、気持ちも新たになります。

断捨離を行うことで、必要な物だけが残り、日常の片付けがぐっと楽になります。

断捨離は、物理的なスペースだけでなく、心のスペースも広げる効果があるのです。

まとめ

片付け疲れは誰もが経験することですが、段階的に実施するなど適切な対策を取ることで、その負担を軽減することができます。

心理的なアプローチや効率的な方法を取り入れて、快適な片付けライフを送りましょう。