電車のつり革に高さ、実はこう決まっていた!

電車のつり革の高さ、実はこう決まっていた!

電車のつり革に高さ、実はこう決まっていた!

通勤や通学で毎日利用する電車。その中で私たちが何気なく掴んでいる吊り革の高さについて考えたことはありますか?

日本の電車における吊り革の高さは、実は1,500mmから1,700mmの範囲で設定されており、その基準には深い理由が隠されています。

この記事では、吊り革の高さがどのように決定されるのか、そしてそれが利用者にどのような影響を与えるのかについて詳しく探っていきます。

 

1.電車の吊り革の高さ、実はこう決まっていた!

電車の吊り革の高さについて、普段はあまり考えないかもしれませんが、実は重要な要素です。 国土交通省のガイドラインに基づき、吊り革の高さは1,500mmから1,700mmの範囲で設定されています。 この設定には多くの理由があり、快適で安全な移動を提供するための工夫が詰まっています。

1-1.電車の吊り革の高さはどのように決まる?

吊り革の高さは、鉄道会社ごとに異なる基準で決定されます。 多くの会社が国土交通省のガイドラインを参考にしつつ、利用者の意見やフィードバックを元に調整しています。 例えば、東京メトロでは、特定の路線で低身長者に配慮した吊り革を導入しています。

1-2.国土交通省のガイドライン

国土交通省のガイドラインによると、吊り革の高さは1,600mmから1,650mmが標準とされています。 また、低位吊り革の高さは1,550mmから1,600mmに設定されており、低身長者や高齢者が利用しやすいように配慮されています。 このガイドラインは、公共交通機関のバリアフリー化を推進するための重要な指針です。

1-3.利用者の身長を考慮

吊り革の高さを決める際には、利用者の平均身長が重要な要素となります。 成人男性の平均身長を基準にしつつ、女性や高齢者、子供などの利用者も考慮して設計されています。 これにより、多くの利用者が快適に電車を利用できるようになっています。

例えば、身長が高い人にとっては、吊り革が頭に当たらないように調整されています。 一方、低身長者には、優先座席の前に設置された低い位置の吊り革が提供され、誰もが安全に利用できるよう配慮されています。

これから電車に乗る際には、吊り革の高さにも注目してみてください。 その高さには、様々な工夫と配慮が詰まっています。

2.電車の吊り革の使い勝手

電車の吊り革は、私たちの日常生活で欠かせない存在です。 しかし、その高さや使い勝手に関しては、利用者の身長や体格に大きく影響されます。 ここでは、身長が高い人と低い人の場合について詳しく見ていきます。

2-1.身長が高い人の場合

身長が高い人にとって、電車の吊り革の高さは時に不便さを感じる要因となります。 標準的な吊り革の高さは1,600mmから1,650mmで設定されていますが、これが身長170cm以上の人にとっては頭に当たることがあり、邪魔になることもあります。 このため、高身長の利用者は吊り革にぶつからないように頭を避けるか、持ち手を掴まずにバランスを取る必要があります。

特に混雑時には、吊り革が頭や肩に当たることが多く、不快感を感じることがあるでしょう。 一部の鉄道会社では、車両内の吊り革の配置を工夫し、進行方向の端に吊り革を設置しないなどの対応を行っています。

2-2.身長が低い人の場合

一方で、身長が低い人や子供、高齢者にとっては、吊り革に手が届かないという問題があります。 国土交通省のガイドラインでは、低位吊り革の高さを1,550mmから1,600mmと定めており、これが低身長者にとっては使いやすい設定です。 しかし、それでも手が届かない場合があるため、低い位置に設置された優先座席前の吊り革が利用されます

例えば、身長が150cm未満の人は、通常の吊り革に手が届かないことが多く、優先座席の前に設置された低い吊り革を利用することになります。 これにより、全ての利用者が安全に電車を利用できるようになっています。 また、一部の車両では、収納式の吊り革が導入され、使わないときには邪魔にならない工夫もされています。

3.電車の吊り革の高さは変わるのか?

電車の吊り革の高さは、多くの人々が快適に利用できるように設計されています。 しかし、その高さが全ての人に適しているわけではありません。 実際のところ、吊り革の高さは変更が可能であり、時代や利用者のニーズに応じて調整が行われています。

3-1.高さの変更は可能?

吊り革の高さの変更は技術的に可能であり、実際に多くの鉄道会社が改修や新設時に調整を行っています。 例えば、低身長者や高齢者に配慮した低位吊り革を導入するケースがあります。 また、新型車両や改修時には、利用者の意見を反映し、吊り革の配置や高さを再設計することがあります。

一部の鉄道会社では、吊り革を使わないときに上に上がる収納式のものを導入しています。 これにより、乗降時の邪魔にならず、利用者が必要に応じて吊り革を使えるようにする工夫もされています。

3-2.将来の変更に期待

将来的には、さらなるユニバーサルデザインの導入が期待されています。 例えば、優先座席の前に低位吊り革を設置するだけでなく、全体の高さを調整し、多様な身長や体格の利用者が快適に利用できるようにすることが考えられています。 また、吊り革だけでなく、手すりの配置や形状の改良も進められることで、より多くの人が安心して電車を利用できる環境が整備されるでしょう。

鉄道会社は常に利用者のニーズを把握し、サービス向上に努めています。 今後も、技術の進歩や社会の変化に対応して、より使いやすい吊り革の高さや配置が提供されることを期待しましょう。

4.まとめ

電車の吊り革の高さについて、この記事ではその設定基準や利用者への影響について詳しく解説しました。
日本の電車における吊り革の高さは1,500mmから1,700mmの範囲で設定されており、国土交通省のガイドラインに基づいて決定されています。
このガイドラインでは、低身長者や高齢者にも配慮した高さの設定が求められています。

電車の吊り革は、利用者の身長や体格に応じて使い勝手が異なります。
身長が高い人にとっては頭に当たることがある一方、身長が低い人や子供、高齢者にとっては手が届かない問題があります。
鉄道会社はこれらの課題に対応するため、低位吊り革の導入や収納式吊り革の採用などの工夫を行っています。

また、将来的にはさらにユニバーサルデザインの導入が進むことが期待されています。
これにより、多様な利用者が快適に電車を利用できる環境が整備されるでしょう。
鉄道会社は利用者の声を反映し、サービスの向上に努めています。

電車の吊り革の高さについて理解を深めることで、より快適な通勤・通学が可能になります。
次回電車に乗る際には、吊り革の高さや配置に注目し、鉄道会社の配慮と工夫を感じてみてください。
快適で安全な電車利用のために、吊り革の高さにも意識を向けていきましょう。

------------<広告>------------